オーディオ関連

コスパ良く音質改善する方法

オーディオ歴10年以上の私が、デスクトップオーディオ(2ch)環境で実際にやってみてコスパの良かった音質改善策をご紹介したいと思います。突き詰めればきりがないのがオーディオの世界!それまた醍醐味なんですが、本記事を読んでいただいて参考になれば幸いです。

結論:スピーカースタンド購入しよう!

オーディオを始める際まずスピーカーやアンプに着目しますが、意外に忘れがちなのがスピーカースタンドです。音質改善を目的として機器のグレードアップを検討されている方は先にスピーカースタンドの導入も検討してみてください。安いものであれば3000円程度から購入できます。

メリット

  • 音の定位感UP
    これが一番です!目の前にオーケストラホールがあるような感覚です。耳の高さに近い位置にスピーカーがあるため音像イメージがハッキリします。
  • 定在波減少
    スピーカーを高い位置に配置することで直進低音と反射低音の混在を防ぎます。低音のキレが無くなり、ぼやける印象を防ぎます。

デメリット

  • 設置スペースの確保
    スピーカースタンドをデスクに置く関係でスペースが必要です。
  • スタンドとスピーカー両方を考慮して選ぶ必要がある
    スピーカーとスタンド両方のサイズを意識して選ぶ必要があります。

設置について

スタンドの高さの目安はスピーカーのツイーターがリスニング時の目の高さと同じぐらい。またスピーカー左右60㎝程度、後方は30㎝程度壁から離してください。あくまでも理想なのでご自身の環境に合わせて配置してください。もし大型テレビ等で5.1chシステムを構築する場合は、映像と音像が調和するようテレビの横かつなるべく耳の高さにスピーカーが来るよう設置してください。


まとめ

ご紹介した内容を実施すれば音質改善が見込めると思います。変化を確かめたい人はリスニングポジションをずらして確認してみてください、違いが分かるかと。予算が許すのであれば、振動の少ない材質のスタンドにしたり、インテリアと合わせたこだわったものを買っても良いと思います。オーディオは何が一番良いのか正解は無いです。何をもって良い音なのかは人によって異なりますし、一個人意見として参考にしていただければ幸いです。自分に合ったオーディオライフを!